お名前スタンプを靴下に使うならどこに押す?

子供の持ち物の中でも、伸縮性の強い素材が使われているものがあります。
靴下がその一つで、体育の時間などに履き替えることもあったりするため、名前を入れるように言われてしまうものの一つです。

昔であれば、靴下になど名前を入れることもありませんでしたが、今ではもちものすべてに入れてあげなければいけないのです。
ですが、手書きで入れるのは大変ですし、滲んでしまって見えなくなったりすることもあり、困ってしまう素材の一つだといえるでしょう。

お名前スタンプは、靴下のような布にも対応しています。
簡単に押すことができる点で便利なものですが、布にも簡単に名前を入れられるのです。
靴下の場合は、外から判別できる必要がいらないものです。
もちものの中でも、自分から離れた場所で確認できればいいわけですから、内側に押すこともできます。
そこで、足を入れていく、口ゴムの部分を伸ばさずに、裏側からお名前スタンプを押していくと、きれいに名前を入れることができるのです。

簡単に押せるだけではなく、口ゴムの部分は意外と擦れにくい部分でもありますので、名前が落ちにくいともいえるからです。
もしも、落ち始めて見えにくくなっても、簡単に押していけるお名前スタンプであれば、また押してしまえば済んでしまいます。
アイロンシールを使う手もありますが、摩擦が激しいものでもありますので、消えてしまったら押しなおすこともできるお名前スタンプのほうが向いているといえるでしょう。

お名前スタンプのスタンダードセットといえばお名前つけ.net

お名前スタンプ ネームスタンプは耐久性に優れているので、洋服やハンカチ・お弁当袋・体操着入れなど毎日使う布製品にバッチリ!
仕上がりキレイ!子供のお名前つけグッズで人気です。

ページの先頭へ